top of page

補植プロジェクト 大盛況!

夏休みに入って最初の日曜日、補植プロジェクトには52人(大人29・子ども23)という、大変大勢のみなさんにお集まりいただき、快晴の中、大盛況の一日となりました!


7:30

学校に到着すると、既に校長先生が!!朝イチから気持ちよくお出迎え下さいました。家庭科室、校庭と早速諸々準備を行いました。


8:30

開門時間から、続々ご参加のみなさんが集まります。9時のスタート10分前には、皆さんお揃いで、さすが気合いが違います。気持ちよくスタートできました。


9:00

家庭科室で作業説明のスタートです。校長先生からのご挨拶、境田先生からの作業説明がありました。頭の中を整理してから、いざ快晴の校庭へ。


9:15

いざバスケットコート下へ:朝のうち日陰になるバスケットコート下の補植からスタートです。

およそ500苗の芝苗を補植します。子どもたちは、今まで育てた芝苗を、協力して運びます。

次に、鉄製のカップ切りで穴を切り、深さを測定し、切った穴と苗の間に隙間がないように、しっかり押し込みます。地面の高さよりも、少し低くなるように押し込み、目土をして表層の高さを整えます。

最初は班分けをして作業を進めようと思いましたが、始めると皆さん集中力がすごく、班の垣根なく、積極的に補植がバンバン進み、あっという間に500苗の補植が終わり、給水休憩に入りました。

給水後は記念撮影です。補植した芝は、どんどん踏んだ方が良く、みんなで芝に乗って記念撮影です。みなさんもうすっかり馴染んで、笑顔が絶えず、とても良い雰囲気の中、写真には虹がかかりました!


10:00

段取り変えを行い、なかよし園側に移動して、早速作業に取り掛かります。ガイドラインを引いて作業にかかりますが、圧倒的な速さで、何の説明も必要なく、あっという間に中央部分の補植まで、200苗を30分ほどで完了しました。予定より1時間も早く、すべての作業が終了です。


10:30

さぁお楽しみアイスタイム!子どもも大人も一緒に楽しみました。みんな良い顔で、最高です!

アイスをみんなで楽しんだ後は、芝に肥料をまいた後、スプリンクラーで放水しました。早く地面に馴染むように、芝苗にしっかり水を与えましたが、それ以上にみなさんが水を浴びて、、とても楽しく、気持ちの良い時間となりました。

こうして、あっという間の作業が終わり、芝生の上を吹き抜ける心地よい風に、とても癒される時間となりました。


5月22日に小平十三小学校で補植を決断、6月6日に芝苗作り、そして今日に至るおよそ2ヶ月。あっという間でしたが、本当に素晴らしいシバッカリィーズのみなさんのご協力により、無事今日を迎えることができました。大人も子どもも率先して先を考え、黙々と作業を進めてくださり、本当に素晴らしい仲間に出会えて、嬉しい気持ちでいっぱいです。この場を借りまして、心より感謝申し上げます。


さぁこの補植が結実するのは、これからの水やりと、夏休みも継続して続く週3日の芝刈りにかかっています。夏休み明け、満面の笑顔で芝生の校庭に向かえるように、大人も子どもも、引き続きご協力のほど、よろしくお願いします。まずは、ご参加のみなさま、本当にお疲れさまでした!







閲覧数:129回

Comments


bottom of page